ゲルマニウムの基礎知識Knowledge

アサイゲルマニウムの呼び方

アサイゲルマニウムが合成されてから、その歴史の中で呼び名が複数存在しています。
以下の名称は、全て“アサイゲルマニウム”のことを示します。

β-Bis-Carboxyethylgermanium sesquioxide

(ベータ-ビス-カルボキシエチルゲルマニウム-セスキオキサイド)
1967年日本化学会へ発表した時の化学名です。

②2-carboxyethylgermanium sesquioxide

(二-カルボキシエチルゲルマニウム-セスキオキサオイド)
1970~80年代に使用されていた化学名です。

③Ge-132

(ジーイー-イチサン二)
当社での開発番号であり、多くの論文に略称として掲載されています。

④poly-trans-[(2-carboxyethyl)germasesquioxane](略称:p.t-CEtGeO)

(ポリ-トランス-二-カルボキシエチルゲルマセスキオキサン)
1991年WHOによって決定された化学名です。

アサイゲルマニウムの呼び方

⑤repagermanium

(レパゲルマニウム)
1991年にWHOによって決定された国際一般名で、2002年には化粧品成分の
国際的表示名称及び化粧品成分表示名称として使用されています。

⑥アサイゲルマ®

健康食品原料、及び化粧品原料としての商品名です。

GERMANIUM CONTENTS